ビジネス英語フレーズ集

【ビジネス英語】メール編11:担当者変更を伝える例文(フレーズ)集

投稿日:2020年12月21日 更新日:

メール

今回は、ビジネス英語のメールで「担当者を変更すること」を伝える表現を学びましょう♪

ビジネス英語のメールでは「自分が担当から外れること」「自分が新しい担当になったこと」を伝える必要がある時がありますよね。

意外と知らなくて焦りがちな「ビジネス英語のメールでの担当者を変更する際の表現」についてまとめました。

戸田みどり
英語のメールで「担当者の変更を伝える」表現を学んで行きましょう♪

ビジネス英語:メールで担当者の変更を伝える表現(フレーズ)

名刺交換するサラリーマン

ビジネス英語のメールで「担当者の変更」を伝える際には「take change of」「be assigned」「be responsible for」が良く使われます。

また英語では3文字略語も頻繁に使用されます。

「VIP = Very Important Person」、「MVP = Most valuable Player」などは馴染みが深いのではないでしょうか。

ビジネス英語でもこのような略文字は非常に多くあり覚えるのはキリがないほど。

担当者も例外ではなく「PIC=Person In Charge」という略文字での3文字表現がありますので、覚えておきましょう。

上記の表現はどちらかというと英語のメールよりも「作業フォローリスト」の「担当欄」に記載されることがあります。

 

それでは早速、英語のメールで「担当者の変更」を伝える例文をみていきます!

ビジネス英語のメール「担当者の変更」の例文(フレーズ):自分が担当から外れる場合

  1.  I'll leave my duties from next month.(来月から、担当を外れます)
  2. I'll be in charge of new project effective on July 1st.(7/1付けで、新しいプロジェクトを担当します)
  3. I'll be transferred to the head office from next month.(来月から、本社に異動になります。)
  4. I must inform you that I'll be responsible for another section.(別の部署を担当します)
  5. I'll be assigned to another project from next month.(来月から、別のプロジェクトを担当します)

自分が担当から外れる場合は、早目にメールを送って起きましょう。

ビジネス英語のメール「担当者の変更」の例文(フレーズ):自分が新しい担当の場合

  1. I have been assigned this project from beginning of last month.(先月からこのプロジェクトを担当してます)
  2. I'll take charge of this product effective on Jun. 1st.(6/1付けでこの製品を担当します)
  3. I'll be in charge of new project from next month.(翌月から新しいプロジェクトを担当します)
  4. I've been responsible for this project as new leader.(新しいリーダーとして、私がこのプロジェクトを担当しています)
  5. From this month, I'm working for this product.(今月から、このプロジェクトを担当しています)

「私が担当です」と英語で伝える時には、上記のように様々な表現があります。

状況にあった英語の表現が使用できるとよりカッコいいですよね。

戸田みどり
「担当を外れる場合」「担当変更で自分が後任の場合」の英語メールでの表現、マスターしましょう♪

ビジネス英語:メールで担当者変更を伝える具体的なやりとりの例

ビジネス英語と書かれた紙

それでは具体的な英語のメールでの「担当者変更」を伝えるやり取りの例をみていきましょう!


 What is the responsibility in your company?
(会社では何を担当されていますか?)
I'm in charge of the project management for this product.
(この製品のプロジェクトマネージメントを担当しています)

 I'll be transfered from this branch office to head office from next month.
(来月からこの支社から本社へ異動になります)
I believe it's good for your future.
(あなたの将来にとって良いことだと信じてます)

 I have to inform you that I was assigned new project. I'll leave this project effective on 7/1.
(新しいプロジェクトの担当を任命されました。7/1でこのプロジェクト担当を離れます)

I miss you, but I wish your success at the new job.
(残念ですが、新しい仕事での成功を祈ってます)

Nice to meet you. I'm Suzuki who will be in charge of this project leader from next month.
(はじめまして。来月からこのプロジェクトリーダーになる鈴木です)
Nice to meet you, too. I'm grad to work with you.
(はじめまして。あなたと一緒に仕事が出来て嬉しいです)

 I heard you were assigned new project. Is that correct?
(新しいプロジェクト担当になったと聞きました。正しいですか?)
Yes, I just heard it yesterday. I have to inform my customers immediately.
(はい昨日聞いたばかりです。顧客に至急伝えなければいけません)

自分が担当変更を伝える場合の英語の表現だけでなく、相手から担当変更を英語で伝えられた時もスムーズに返せると良いですよね。

戸田みどり
相手の方から担当変更を英語で伝えられた時の返答の参考にもしてください^^

まとめ

今回は、ビジネス英語のメールで「担当を変更する」を伝える例文(フレーズ)についてお伝えしました。

担当変更はこちら側だけとは限りません。

新しい担当の方と出会った時はお互い気持ちの良い受け答えを英語で出来ると良いですよね。

戸田みどり
自分が伝える側の時だけでなく、相手から担当の変更を伝えられた時も気の利いた表現を使っちゃいましょう
メール
ビジネス英語のメール作成に役立つ例文集

続きを見る

-ビジネス英語フレーズ集

Copyright© ビジネス英語119番 〜おすすめのビジネス英会話スクールや勉強方法まとめ〜 , 2021 All Rights Reserved.