ビジネス英語フレーズ集

【ビジネス英語】メール編18:注文する時の例文(フレーズ)集

投稿日:2020年12月23日 更新日:

メール

今回は、ビジネス英語のメールで注文する時の例文(フレーズ)を学びましょう♪

ビジネス英語のメールで注文を行う機会がある方も多いのではないでしょうか。

英語のメールで注文を行う際には日本語でもお馴染みの「Order」を使用するのが一般的。

ビジネス英語のメールでの注文を「Order」で表現するフレーズや、それ以外のフレーズについても紹介します。

戸田みどり
英語のメールで注文する際に使用する表現を一緒に見て行きましょう!

ビジネス英語:メールで注文する時の例文(フレーズ)

チェックリスト

ビジネス英語のメールで注文を行う時のフレーズ、表現を学びましょう!

冒頭でもお伝えした通りに、ビジネス英語のメールで何かを注文する時には「order」を使うのが一般的です。

「Order」には名詞と動詞の両方の意味があるので使いやすいですよね^^

また「Have」「Take」「Get」でも表現出来ますよ!

それでは具体的なビジネス英語のメールで注文することを表現する例文(フレーズ)を確認しましょう。

ビジネス英語のメールで注文を行う時の例文(フレーズ)

  1. I'm ready to order. (注文の準備ができました)
  2.  I'd like to have three shirts. (3着のシャツを下さい)
  3.  I take this. (これを下さい)
  4.  What's your order? (注文は決まりましたか?)
  5.  One more bottle of beer please. (ビールをもう一本下さい)
  6.  He ordered two dozen of pens. (彼は2ダースのペンを注文した)
  7.  I have same one. (同じものを下さい)
  8.  We need ten products by the end of this month. (今月中に10個下さい)
  9.  How about this item. I can prepare it today. (この製品は如何ですか?今日準備できます)
  10. Could we order this food for all of my family? (家族全員にこの料理を注文できますか?)

ビジネス英語のメールで注文を行う時は基本的には「order」を使用すれば良いですが、その他の表現も使ってみて下さいね。

戸田みどり
英語メールでの注文は日本と同じで「order」が使用出来れば基本的にはOKですよ!

ビジネス英語:メールで「注文」を伝える具体的なやりとりの例

仕事中にメモを取る男性

それでは具体的な英語のメールでの「注文について」を伝えるやり取りの例をみていきましょう!

Are you ready to order? (注文はお決まりですか?)
Yes. I think so. (はい決まりました)
Please give me one more day. I'll complete to order by tomorrow. (もう1日待ってください、明日までに注文を完了します)

 Do you want to eat here or to go?. (こちらでお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?)
To go. (持ち帰ります)
Here please. (こちらでお願いします)

Are you all set? (注文は完了しましたか?)
Yes. That's all of my order. (はい。以上です)
Please wait. I'm still looking for others. (ちょっと待って下さい。未だ他の物を探しています)

Please see attached photo? I recommend this. (添付写真をご確認下さい。お勧めします)
It looks very good. This is what I needed. (大変いい感じです。私が望んでいたものです)
No so bad. But could you show me another? (悪くないですが、別のものも見せてもらえませんか?)

Is it possible to get this poduct by 12Jun? (6/12までにこの製品を手に入れることは可能ですか?)
No problem. I'll prepare to meet your due date. (問題ありません。期限に間に合うよう準備します)
Sorry. I need one more week. (申し訳ありません。もう1週間必要です)

He gave up continuing his journey due to hard whether condition.
(彼は、厳しい気候のため、旅を続けることを諦めました)
I think he dad no choice but to give up under such severe condition.
(あんな厳しい状況下では、諦める以外の選択はなかったんだと思います)

My cliant equested me ten of this product by tommorow. Could you do that? (私の顧客が、この製品10個を明日までに要求しました。可能ですか?)
I agree. (了解しました)
I'm afraid not becuase of tight schedule. (残念ながら日程的に困難です)

I'd like to have all of them. (これら全てを下さい)
Sure. Please wait to wrap up.(もちろんです。包装するのお待ち下さい)
 Unnfortunately, Some of them are for another customer. (残念ながら、いくつかは他のお客様用です)

英語のメールで注文をするときの場合だけでなく、自分が注文された側の時の表現も併せて覚えておきたいですね。

戸田みどり
英語のメールでの注文の表現は日本語と似ていて分かりやすいですよね

まとめ

今回は、ビジネス英語のメールで「注文」を伝える例文(フレーズ)についてお伝えしました。

注文に対するビジネス英語のメール表現は、特に日本語と変わりが無いので同じ感覚で記載してしまってOKですよ。

ビジネスでは「何を」「何個」「何時まで」が重要なのでここを押さえれば十分相手に伝わります!

単語としては直接注文する「order」の他に「Have」「Take」「Get」を使用することが出来ればOKです^^

戸田みどり
ビジネス英語のメールでの「注文」では「何個」などの部分が大切ですよ!
メール
ビジネス英語のメール作成に役立つ例文集

続きを見る

-ビジネス英語フレーズ集

Copyright© ビジネス英語119番 〜おすすめのビジネス英会話スクールや勉強方法まとめ〜 , 2021 All Rights Reserved.