ビジネス英語フレーズ集

【ビジネス英語】メール編24:「どちらでも良い」の例文(フレーズ)集

投稿日:

メール

今回は、ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」に関する例文(フレーズ)を学びましょう♪

ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」、つまり「相手にお任せ」「なんでも良い」という時の表現は何が良いのでしょうか。

ワンパターンになりがちな英語のメールでの「どちらでも良い」の表現を学んでいきましょう!

戸田みどり
ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」について伝える表現を一緒に見て行きましょう!

ビジネス英語:メール「どちらでも良い」の例文(フレーズ)

仕事中にパソコンを使用する男性

ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」場合の例文やフレーズについて学んで行きましょう!

英語のメールで「どちらでも良い」と伝えたいとき、2つしか選択肢が無い時は「Either」「Both」が使用出来ます。

それ以外はポジティブな表現を使うことと、ワンパターンにならないことを気を付けましょう。

それでは具体的なビジネス英語のメールで「どちらでも良い」を表現する例文(フレーズ)を確認しましょう。

ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」について伝える時の例文(フレーズ)

  1. Either is OK.(どちらでもOKです)

  2. Either is fine.(どちらでも良いです)

  3. Either is good.(どちらでも良いです)

  4. Either is fine with me.(どちらでも良いです)

  5. Both is good.(両方とも良いです=どちらでも良いです)

  6. Both sound good to me.
    (私には両方とも良い感じです=どちらでも良いです)

  7. Anything is fine.
    (何でも良いです=どれでも良いです)

  8. Anything will be fine.
    (何でも良いです=どれでも良いです)

  9. It's up to you.(あなたにお任せします=どれでも良いです)

  10. It doesn't matter.(気にしません=どれでも良いです)

  11. It makes no difference.(何も違いはありません=どれでも良いです)

「両方とも良い感じです」などポジティブな表現の方が好ましいですよね。

「Either」「Both」は選択肢が2つの時の英語メールで「どちらでも良い」を伝えたいときに使用しましょう。

戸田みどり
「どちらでも良い」という表現方法はさまざまですが、ポジティブな単語を選びましょう^^

ビジネス英語:メールで「どちらでも良い」についての具体的なやりとりの例

思いついた男性

それでは具体的な英語のメールで「どちらでも良い」についてのやり取りする例をみていきましょう!

Which would you like, chiken or beef?
(チキンとビーフ、どちらがいいですか?)

Either is fine with me.
(どちらでも私は構いません)

What time shall we meet up tomorrow? 10 am or 1 pm?
(明日は何時に待ち合わせますか?午前10時?午後1時?)
Both sound good for me, since I’m free tomorrow.
(明日は予定がないので、どちらでも良いです)

What day do you want to watch the movie? Saturday or Sunday?
(何時に映画を観に行きますか土曜日?日曜日?)
I am OK either day.
(どちらでもOKです)

Tomorrow, Are we going to watch a movie or stay at home?
(明日、映画を観に行きますか?それとも家に居ますか?)
Either one is fine with me. It's up to you.
(私はどちらでも良いです。あなたにお任せします)

What is the next action? still continue the meeting or have a beak?
(次はどうしますか?会議を継続?それとも休憩?)
I don't mind either way.
(どちらでも構いません)

 What time do I have to visit your office?
(何時にあなたのオフィスに行けば良いですか?)

Anytime. It doesn't matter when you come.
(何時に来ても良いですよ。私は構いません)

What do you want to discuss for today's daily meeting?
(今日の定例会議でに何を議題にして欲しいですか?)
Anything will be fine because I don't have specific issue now.
(なんでも良いですよ。今は特に懸案項目はないので)

Should we book a hotel in Tokyo or Yokohama?
(東京と横浜、どちらのホテルを予約すべきでしょうか?)
It's up to you. I don't have any preference.
(あなたにお任せします。私は特に好みがないので)

Which wine would you like to drink? red or white?
(赤白のワイン、どちらをお飲みになりますか?)
Either one is fine since I like both.
(両方好きなので、どちらも結構です)

How should I dress for her wedding party?
(彼女のウェディングパーティーにどんな格好で行けばいいかな?)
It doesn't matter if you don’t wear anything white.
(なんでも良いですよ。白いものさえ着なければ)

ちょっと表現が変わるだけで、同じ「どちらでも良いです」でも意味が変わって読めるので面白いですよね。

戸田みどり
英語のメールで「どちらでも良い」の状況に合わせてメールを作成してください。

まとめ

今回は、ビジネス英語のメールで「どちらでも良い」について伝える例文(フレーズ)についてお伝えしました。

基本的にはどれもカジュアル過ぎないので、ビジネス英語として使って頂いて問題ありません。

ただし「I don`t care.」「watever」はネガティブな「どっちでもいいよ」になってしまいます。

興味がない場合やどうでもいい時に使用される表現なので、ビジネス英語での使用は控えましょう。

しかしながら「Whatever you like.」「Whatever you want.」などに変更すれば「あなたの好きな物ならなんでも」になるのでポジティブな表現としても使用できますね^^

 

注意点として「watever」は物の時、場所は「wherever」時間は「whenever」に変えなければいけないこともあります。

また「I can`t decide.」と言ってしまいがちですが、これは文字通り「決められません」という意味なので意見にはなりません。

ビジネスの場では決して使わないようにしましょう。

戸田みどり
「I can`t decide.」はどれにしようか困った時でもビジネスの場では使わないようにしましょうね。
メール
ビジネス英語のメール作成に役立つ例文集

続きを見る

-ビジネス英語フレーズ集

Copyright© ビジネス英語119番 〜おすすめのビジネス英会話スクールや勉強方法まとめ〜 , 2021 All Rights Reserved.