ビジネス英語フレーズ集

【ビジネス英語】メール編20:「勘違い(謝る)」例文(フレーズ)集

投稿日:2020年12月23日 更新日:

メール

今回は、ビジネス英語のメールで「勘違い(謝る)」例文(フレーズ)を学びましょう♪

ビジネス英語のメールでやりとりをしていて「勘違い」で焦ったことはありませんか。

特に慣れない言語だとちょっとしたミス…ありますよね。

ビジネス英語のメールで「勘違いした」「謝る時」の例文(フレーズ)を一緒に学んで行きましょう!

戸田みどり
英語のメールで「勘違い(謝る)表現を一緒に見て行きましょう!

ビジネス英語:メールで「勘違い(謝罪)」を伝える時の例文(フレーズ)

悩むビジネスマン

ビジネス英語のメールで「勘違い(謝罪)」を伝える表現を学んで行きましょう!

勘違いは誰でもあるもので、英語でも謝罪とセットにするのが一般的です。

日本語と同様に「勘違いしていました。申し訳ありません。」と丁寧に伝えましょう!

英単語としては「misunderstand」「mistake」を覚えておけば良いですよ^^

間接的な言い方はあまりないので例文を参考にしてサクッと覚えちゃいましょう。

それでは具体的なビジネス英語のメールで「勘違い(謝罪)」を表現する例文(フレーズ)を確認しましょう。

ビジネス英語のメールで「勘違い(謝罪)」を伝える時の例文(フレーズ)

  1. I'm sorry, I was misunderstanding.(申し訳ありません。勘違いをしていました)

  2.  That was my misunderstanding.(それは、私の勘違いです)

  3.  That was my mistake.(それは、私の勘違いでした)

  4.  I was mistaken about the issue.(私は、その懸案について勘違いをしていました)

  5.  I was under the wrong impression.(私は、勘違いをしていました)

  6.  That is probably my mistake.(それは、私の勘違いかもしれません)

  7.  I messed up the time to meet you.(私は、あなたと会う時間を勘違いしてました)

  8.  I'm so sorry for my misunderstanding.(勘違いをしてしまい、大変申し訳ありません)

  9.  There were misunderstandings between us.(私たちの間に、勘違いがありました)

  10. I mistook the meeting date.(私は、会議の日を勘違いしてました)

勘違いは誰でもあること。

「謝罪の言葉」とセットで伝えることで、相手に悪い印象が残らないようにしましょう。

戸田みどり
英語のメールでも「勘違い」を伝える時は「謝罪の言葉」をセットにしましょうね!

ビジネス英語:メールで「勘違い(謝罪)」を伝える具体的なやりとりの例

頭を抱える男性

それでは具体的な英語のメールでの「勘違い(謝罪)」を伝えるやり取りの例をみていきましょう!

Could you explain why you couldn't submit the report to meet the dead line?
(なぜレポート提出期限に間に合わなかったのか、説明してもらえますか?)
I'm very sorry. I messed up the submission date.
(大変申し訳ありません。提出日を勘違いしてました)

I apologize that I mistook the meeting date.
(会議の日を勘違いしてしまい、申し訳ありません)
It's no problem. Please let me know your convenience to reschedule.
(問題ないですよ。日程変更するので、あなたの都合を聞かせて下さい)

Do you know why we couln't get the business?
(なぜ私たちは、そのビジネスを獲得できなかったのか分かりますか?)
I think it's my responsiblity becuase I mistook the quote we sould propose.)
(提案すべき見積りを勘違いしていた、私の責任と思います)

I'm very sorry for the delay in my reponse. I mistook the due date.
(お返事が遅れ、大変申し訳ありません。期限を勘違いしてました)
I understood. Could you reply by the end of this week?
(了解しました。今週中に回答して頂けますか?)

I understood that I was mistaken about the purpose of this report. I'll modify it immediately.
(このレポートの目的を勘違いしていたことが分かりました。至急、修正します)
Thank you for your understanding. Please update whithin this week.
(理解してくれて有難うございます。今週中に見直しをお願いします)

Did I misunderstand that?
(それは私の勘違いですか?)
I think so. I didn't request such report.
(そう思います。私は、そのようなレポートをお願いしませんでした)

Why didn't we meet at the same place?
(なぜ私たちは、同じ場所で集合出来なかったんでしょう?)
It seems there were some misunderstanding between us.
(私たちの間に、勘違いがあったようです)

I was mistaken thinking that you like my report.
(私は、あなたが私のレポートを気に入っているのかと、勘違いしていました)
It's not too bad with some modification.
(いくつかの修正をすれば、そんなに悪くないですよ)

It seems he misinterpreted my silence as consent.
(彼は、私が黙っていたのを、承諾と勘違いしたようです)
I was just thinking.
(私は、ただ考えていただけです)

I mistook him for his friend.
(私は彼を、彼の友達と勘違いしました)
I understand because we don't have enough information about him.
(分かります。私たちは、彼について十分な情報がないので)

日本語でも英語でも言い訳を行わずに勘違いを認めた方が印象が良いですよね!

戸田みどり
英語のメールでの「勘違い」の表現は謝罪とセットでシンプルに素直に行いましょう

まとめ

今回は、ビジネス英語のメールで「勘違い(謝罪)」を伝える例文(フレーズ)についてお伝えしました。

英語のメールでも勘違いをした時は素直に謝罪することが大切です。

笑って済ませられるものは良いですが、ビジネスにおいては挽回策を考えなければならない時もあります。

「勘違いであることを伝える⇒謝罪する⇒今後の対応を伝える」が基本的なビジネスの手順ですよ。

戸田みどり
ビジネス英語のメールで「勘違い(謝罪)」は素直になるべく早く伝えましょう!
メール
ビジネス英語のメール作成に役立つ例文集

続きを見る

-ビジネス英語フレーズ集

Copyright© ビジネス英語119番 〜おすすめのビジネス英会話スクールや勉強方法まとめ〜 , 2021 All Rights Reserved.